人生の旬  邦画

映画「おらおらでひとりいぐも」を見ながら思ったこと

人生の一番いい時期というか、威勢のいい時は若い時だけれど、そのことが誰にでも当てはまることでもなかろう。
晩年の何年か、つまり孤独との共生時期がなかなか素敵ではないかとこの頃思う。

映画もそのことを田中裕子の演技で見せようとしていたと思えるのです。

一度だけでも良いから「花を咲かせよう」

********************

クリックすると元のサイズで表示します


「ヤフオク」が私としては熱いと思っている。
小売りから「問屋業」への転換を当初から考えていた。

リピーターの分析はシステム上できないけれど、小売店からの注文と思われるものかなりの数に上っている。

質の良いリピーターをどれだけ確保するか、
そのことは商売の基本である。

いま「橋のない川」全7巻中、3巻目を読み進めている。
大阪商人になった主人公

いつの時代も変わらぬ市井の人々の叫びが聞こえてくる。
0




AutoPage最新お知らせ