潮時  日々のこと

長年にわたりご愛顧いただきましたteacup.ですが、2022年8月1日(月)13:00をもちまして、サービスを終了させていただくこととなりました。

このブログの運営会社より以上の通達

よって私のブログも8月1日で終了します。
引っ越しも考えたのですが、人には潮時というものがあります。

それまで10人ほどのお客様にはへたくそな文お届けします(笑)。
0

HP写真入れ替え  家業(眼鏡)

クリックすると元のサイズで表示します

http://www.megane-tomiyasu.com/

もうすぐ新年度です。模様替えです。

******************

ルート301
暴走アウディに遭遇
追い越し禁止区間、2から3台まとめて追い抜いていき私も巻き込まれそうになった。
ブレーキランプが片方切れていた。
ここまでひどいものには久しぶりでした。

愛知県の交通事故は相変わらずです。
気を付けましょう。
0

所作が美しい・無名塾 左の腕  日々のこと

クリックすると元のサイズで表示します


演劇は詳しくない。
この作品、無名塾なら当然のレベルの出来だと、私は思っている。
1時間半の時間が全く気にならない傑作に仕上がっていた。

舞台挨拶等々の余分なものがなく気持ちがよい。
所作がとりわけ美しい。

男優女優を含めて・・・。

*****************

クリックすると元のサイズで表示します

0

新作up  YouTube



0

外は大雨  F1

3月も終わりに近づく。

楽しみなF1もどうもホンダが一定程度手を引いたことがひびいているようだ。
それでも応援するのがファンというものです。

クリックすると元のサイズで表示します


桜が満開に近く撮影に出かけようと思う。
動画も作りつつあります。

青山真治監督が癌でなくなった。
57歳という信じられない若さである。
彼の映画をまた見てみよう。
0

使って見せる  日々のこと

春めいてきました。
動物たちも活発に動き出した。

丸々太ったネズミ2匹を粘着テープで確保

ネコを飼わなくなったからこの罠を仕掛けられる。
万が一猫がかかったらとんでもない「事故」になってしまう。
粘着力の強さは半端ではないから・・・。

******************:

ウクライナ戦争
ロシアの軍艦が被弾した模様
最悪に向かって進行中

世界ができることはわずか

BS世界のドキュメンタリー 「プーチンの道〜その権力の秘密に迫る〜」
NHKアンコール番組

最近のドキュメンタリーとしては一番の出来です。
プーチンの権力奪取の過程が実に鮮明に描かれている。

チェチェンの状況から、確実に生物化学兵器さらに核兵器まで使った見せるという恐ろしい結果を想定出来る。

*********************


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

実に地味ですが大事に扱いたい商品です。
「価格交渉はしない」というコンセプトを実行中!

200本近い商品では混乱を招くこと
ある程度の優良顧客を確保することを目的にしています。
0

しんがり 〜山一證券 最後の聖戦〜  テレビドラマ

クリックすると元のサイズで表示します

仕事は基本的には楽しくないと続けられない。
そして、「情」で商売をしてはいけないということを強く肝に銘じている。

しかしながら、ほんの少し前まではそんな情が支配していた時があった。
山一証券の破綻はそんな時代の象徴として取り上げられる。

この連続ドラマの骨子は恥ずかしくなるほどの情によって構成される。
主演の江口洋介だからその正義を我慢しながら見ることができる。

****************

クリックすると元のサイズで表示します


さもしいという言葉があるが、会社勤めの大変さには深く同情します。
私には到底できません。
0

他人事  洋画

他人事をどうしてもひとごとと読ませたい人がいる。
本来はそうではあるが、現在一般的にたにんごとと呼んでも差し支えないと思う。
辞書等で確認してみた。

読み方も時代によって変遷してもよい。

閑話休題
北方領土問題
日本側が大騒ぎしているようだが、ロシアという国かなくなってしまうかどうか、戦術核が使われるかどうかという時に、あまりにも矮小な議論に終始している。

ウクライナの人々が虫けらのように殺されているときに「国益」云々は平和ボケといわれても仕方がない。

所詮は私も含めて他人事ということなのでしょう。

*****************************

クリックすると元のサイズで表示します

フランス映画
並外れた聴覚を持つ主人公が核戦争寸前まで追いつめられる話
現実の戦争を踏まえると「架空」SFとは思えない怖さがある。
0

日本映画の良心  邦画

クリックすると元のサイズで表示します

映画評論家「佐藤忠男」がなくなった。
日本映画の良心ともいえる評論は、私にとっては先生でした。対極にいた「竹中労」ともども「師」がいなくなってしまった。

時代の変遷は如何ともしがたく、それでいいともいえるけれど寂しくもある。
ご苦労様でした。

私の動画「日本映画横断」は続けます。

*************************

F1関連
少しずつレッドブルが負けた原因がわかってきた。
やはり、ホンダ撤退の影響があるのだろう。

それを払拭する2戦以降が正念場です。

0

武士の名折れ  F1

ホンダPU搭載の3台次々リタイア
関係者の痛手はもちろんだけれど、ファンも相当こたえる。

この裏には必ず原因があるのだけれど、それを短期間で解明できるのだろうか?

ホンダ本体が一定の関与しかしないとなった時点でこの結果は予想された。
しかし、まだまだ始まったばかりフェルスタッペンに恥をかかせては武士の名折れです。

****************

「土と兵隊」という日中戦争を描いた古い日本映画がある。
ウクライナ戦争それこそ「第三次世界大戦」の突入さえささやかれ始めている。

いつの時代も前線兵隊たちは酷使され、銃後は悲惨さが倍増する。
表に出ないものこそ戦争そのものだといわれている。


クリックすると元のサイズで表示します
0


F1予選
なかなか面白く、フェラーリの逆襲を期待しよう。

*+++++++++++++++

ウクライナ戦争
橋元某の相変わらずのうるささに自然にチャンネルを変えてしまう。
ただ行き詰まり感は如何ともしがたく、誰も有効な手立てを講じることのできないことは明らか。

一方軍事的に観察すればありとあらゆる新兵器の実験場として、関係者はひそかに期待しているのかもしれない。
恐ろしいことが裏では起こっているような気がする。

クリックすると元のサイズで表示します


0

頭取 野崎修平  テレビドラマ

クリックすると元のサイズで表示します

テレビドラマというものは深みがないことが強みの場合がある。
織田裕二君のこれも見やすいといえば見やすい。

この程度だからこそ腹も立たない。

****************

クリックすると元のサイズで表示します


******************

ウクライナ戦争
人間の知恵というものはこの程度だとすると絶望を感じる。
国際法のいい加減さというよりも、愚かさが先に立つ。

少しずつ覚悟の「最終章」に近付く。

クリックすると元のサイズで表示します

フキノトウを探したがまだ少し早そうだ。
0

国益?  日々のこと

https://www.youtube.com/channel/UC10wUczBXAxuGap3XaG-49g?view_as=subscriber

YouTubeトップ画像変えました。

クリックすると元のサイズで表示します

元画はこちら

*****************

ゼレンスキー大統領の国会演説が実現しそうだ。
野党党首の国益だのとか的外れな話が一瞬上がったが、あっという間に訂正したのか?

正体見たりと・・・。
核戦争が起こりそう、地球の危機なのにこの感覚は国民に素直に伝わった。

個人が真珠湾攻撃を面白くないというのは自由です。

こういう時こそ政治家の力量を冷静に国民は見るべきでしょう。

技術的に国会のオンライン中継ができるかどうかということですが、こういう時こそ金をしっかりかけてあっという間に機材をそろえるべきです。

************************

クリックすると元のサイズで表示します
0

監査役 野崎修平  テレビドラマ

クリックすると元のサイズで表示します

くさい織田裕二のテレビドラマ
相変わらずの演技で暇つぶしにはそこそこという出来です。

銀行内部の権力争いがそこまで単純ではないことをわきまえつつ、楽しみのツボを探しつつ見ていました。

瀧本美織 : 監査役秘書
この地味な女優さんのファンです。
彼女が見たくて無理してみたようなものです。

クリックすると元のサイズで表示します


脇に回った時に本当の実力が出るものです。

*******************

ウクライナ戦争
実はこれからが本番
いかにして終わるのか?

核を含めた議論の時です。
持っている武器は使いたくなるものです。

各国から提供される新兵器・対戦車ミサイル等々、ある種の興奮を呼び起こしてしまうのは私だけでしょうか?


0

戦争のヒロイン  日々のこと

ロシア放送局のプラカード女性の行動
ひよっとして大きな転換点かもしれない。

私のような素人が評論するまでもなく、感覚としてそのことを感じるだろう。
この戦争がどういう形で終わるにしてもこの放送はロシア人の良心だ。

局全体が作り上げた一種のクーデターだと思ってよい。
女性アナウンサーが全く驚いていないのが証拠です。

というような話は新聞のコピーに近いですが・・・(笑)。
いつか誰かがこのウクライナ戦争映画を作ったとしたら、もちろんこの女性がヒロインです。

************************

クリックすると元のサイズで表示します

レイバンサングラスは全く儲からない、というよりも赤字です。
問屋で仕入れるより安くなってしまっています。
ですが、考えようです、、、

これほどの宣伝効果はほかのフレー等々では期待できませんから・・・。
一度落札していただければ、その絶大なる「価値観」共有できると確信しています。


0




AutoPage最新お知らせ