No.010◆「女のみづうみ」1966年・評価【2】  邦画

<川端康成の同名小説を吉田喜重監督が映画化。結婚8年目を迎えた宮子と有造の夫婦。宮子は軽い気持ちからほかの男と浮気をし、自分の裸体を男に撮影させていた。以来、宮子は予期せぬ事態に次々と巻き込まれていく。>

かなりつまらなく、途中でうとうとしてしまった。
岡田茉莉子が美しいだけでは、映画としてはふくらみがない。当時はこれで客が入ったのだろうか?

クリックすると元のサイズで表示します


1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ