No.021◆「眠狂四郎 人肌蜘蛛」1968年・評価【3】   邦画


<円月殺法を操る浪人・眠狂四郎の活躍を描く、エロチシズムと猟奇あふれる娯楽時代劇シリーズ第11作目。旅の道中、狂四郎は母の墓のある村に立ち寄る。そこで、森の館に住む将軍の妾腹の兄妹が、若者たちを幽閉し、暴虐の限りを尽くしていることを知る。>

筋立てが簡単、娯楽作品としてはこれは大切なこと。

クリックすると元のサイズで表示します


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ