No.025◆「ある日どこかで」1980年・評価【4】  洋画

<『スーパーマン』のC・リーブ主演によるファンタジーラブロマンス。新人劇作家・チャードは、運命的に出会った古びた女優の肖像画に魅せられ過去へと旅立つことに…。>

SF映画としては不満があるが、恋愛映画の切なさが良く描けていると思いますね。
当たり前だが美貌の女優がいてこそ成立するお話。

心中風ラストがいい。
ここだけでも久しぶりの洋画のよさを堪能した。

クリックすると元のサイズで表示します

「スーパーマン」もいつかは死ぬにしても、早すぎました。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ