No.027◆「崖の上のポニョ」2008年・評価【3】  邦画


<宮崎駿監督がアンデルセンの「人魚姫」をモチーフに、舞台を今日の日本に移し、幼い子供たちの愛と冒険を描いたファンタジーアニメ。崖の上の一軒家に住む少年・宗介に助けられたさかなの子・ポニョは、人間になりたいと願うようになり…。>

最近のジブリ作品の中では、分かりやすく好感を持ってみました。
それでも何か上から物を見るようなところ、例えば環境問題的な海の汚れ等、老人問題等々、穿った見方をしてしまいます。

途中休憩を入れながら(笑)見ました。
ポニョ「となりのトトロ」の「メイ」のキャラクターそのままなのが残念でした。
親を呼び捨てにするのもどうかと。

クリックすると元のサイズで表示します

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ