No.033◆「不知火檢校」1960年・評価【3】   邦画

<後に傑作『座頭市』シリーズに昇華する勝新太郎主演作。天才的な悪知恵を持つ盲目の男・七之助。彼は按摩師・不知火檢校に弟子入りし、一人前の按摩師になるが、その裏で悪行の限りを尽くす。そして、二代目檢校を狙い、彼は師匠の殺害を計画する>

悪がはびこる映画、気分は良くないが、勝新太郎研究にはどうしても欠かせない作品。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ