No.086◆ 「突然炎のごとく (井筒和幸監督)」1994年・評価【2】   邦画

《『ゲロッパ!』の井筒和幸監督による、少女の日常と微妙な心の動きを描いたエロスドラマ。田舎町の少女・かおりは、男友達の太郎とのSEXしかない日常に飽和感と飢餓感を抱いていた。そんな中、偶然出会った中年男・浩介に、かおりは情熱と期待を覚える。》

同監督「のど自慢」での坂上香織がとっても良かったから、この作品を見ることにしたのだが、なんとも要領を得ないものになっている。

出演の面々がなかなかの実力者ぞろいで、かつ女優陣も色っぽくてとってもいいのだが内容は安手のピンク映画風で参った。
ぐちゃぐちゃの人間関係がとっても鬱陶しいことだけは確かである。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ