No.098◆ 「野良猫ロック セックス・ハンター」1970年・評価【3】  邦画

《孤独なアウトローたちの“破壊”と“破滅”を描き、海外でも圧倒的な人気を誇る「野良猫ロック」シリーズの第3弾。米軍基地の町を舞台に、不良少女や非行少年、混血児たちが抗争を繰り広げる。》

このシリーズのファンなれど出来は今一歩。
怒りの具体的な描写がないことが、話が弾まない原因のように思われる。
梶芽衣子がこのすぐ後に東映「さそり」シリーズで大ブレークするのだが、その変遷を確認する作品としては興味津々。

クリックすると元のサイズで表示します


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ