No.106◆ 「異常な快楽禁唇」1981年・評価【3】  邦画

《「TATOOあり」「迅雷」そして、話題作「光る雨」の高橋判明監督作品!兄と妹の背徳の愛を描く切ないドラマ。タイトル禁唇(きんしん)は近親のメタファーか。下元史郎が妹を愛する寡黙な兄役を好演。》

いわゆるピンク映画の一本だと思われるが、予備知識ゼロでの鑑賞。
シナリオがかなり上手く出来ておりなかなか・・ラストなんか特によろしい。
例によって高橋監督の音楽の使い方が上手で、東宝青春映画のようでもある。

中身はコッテリした濡れ場が用意されているのだが、なにやら邪魔な感じがしてしまう。
ということは、ピンク映画を見る資格はないということです(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ