No.121◆ 「新・座頭市物語 」1963年・評価【3】  邦画

《勝新太郎扮する盲目の居合の達人・座頭の市の活躍を描く傑作時代劇シリーズの第3作目。故郷の笠間に向かっていた市は、立ち寄った湯治場で自らの居合斬りの師匠・弥十郎と再会する。市は弥十郎の家に招かれるが、その村は落武者たちが横行していた。》

座頭市シリーズ、ほとんどテレビで見ているがDVDで見直し中。
改めてシンプルな物語の良さを感じている。
坪内ミキ子が若々しく美しい。

クリックすると元のサイズで表示します


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ