No.128◆ 「陸軍中野学校」1966年・評価【4】  邦画

《没後40年を迎えた市川雷蔵が知性派スパイをクールに演じた「陸軍中野学校」シリーズ第1弾。三好次郎ら18人の少尉たちは、上層部の命令により日本陸軍のスパイ養成機関・陸軍中野学校に入学する。以来スパイになるための過酷な特殊訓練を受けることに。》

以前みたものだが敢えて見なおしてみた。
やはり、かなり面白く増村保造監督の代表作の一本であろう。
キレのある演出はなかなかで、以前テレビでみた「黒の試走車」も是非見なおしてみたい一本である。

クリックすると元のサイズで表示します


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ