No.133◆ 「ボクの女に手を出すな」1986年・評価【3】  邦画

《桑原譲太郎原作、小泉今日子主演によるサスペンスドラマ。六本木に住む天涯孤独の少女・黒田ひとみは、悪事なら大抵のことはやってきた筋金入りのワル。だが、ひょんなことから彼女は大富豪、米倉家の跡取息子・進の家庭教師をすることになり…。》

どうもすっきりしない映画なのだが、まずまずの完成度を持つ。
おそらく、小泉今日子の不良という役が似合わない。

クリックすると元のサイズで表示します


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ