No.135◆ 「陸軍中野学校 雲一号指令」1966年・評価【3】  邦画

《没後40年を迎えた市川雷蔵が知性派スパイをクールに演じた「陸軍中野学校」シリーズ第2弾。陸軍中野学校1期生の椎名次郎は、軍の命令により神戸で起きた大型軍用船爆破事件の真相を捜査する中で、日本に潜入した中国スパイ機関に行き当たる。》

このシリーズなかなか好ましく思っている。
雷蔵のクールさがとっても良い。
今回のもの、可愛らしい特撮が時代を感じさせるが、これとて当時の技術としたら頑張ったのだろう。
相変わらず佐藤慶、癖のある役で画面を引き締めている。

クリックすると元のサイズで表示します


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ