No.141◆ 「座頭市兇状旅 」1963年・評価【3】  邦画

《勝新太郎扮する盲目の居合の達人の活躍を描く勧善懲悪時代劇の第4作目。下仁田の佐吉一家が、東九郎をはじめとするヤクザに狙われていると知った市は、一肌脱ぐことを決意。そんな中、かつて市が想いを寄せていたおたねが、東九郎の情婦として現れる》

可もなく不可もなくという一作。
心を癒す気楽な映画としては文句はない。やや、敵役が弱いし、話が人情に偏りすぎたか?

高田美和が美しく、作品に花を添える。

クリックすると元のサイズで表示します


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ