No.152◆ 「ベティ・ブルー インテグラル ノーカット完全版 」1986年・評価【2】  洋画

《ジャン=ジャック・ベネックスが手掛けた、愛情が激しすぎるが故に破滅していく男女の姿を描いた作品。恋に落ち、愛する人の子供を身ごもることを夢見る女性・ベティは、彼女の夢がひとつずつ砕けていった時、その精神は破綻していく…。》

久しぶりの洋画
結論から言えば

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「もっと、狂え」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

途中何度も見るのをやめようとも思ったが、三日間かけて全編鑑賞。
こういう映画こそ「無用な裸が多すぎる
「裸族」風、男のものまで見せてくれる親切ぶり(笑)。

この映画を見ながら「ラストタンゴ・イン・パリ」を思い出していた。
堕ちていく男女を描く共通性を持ちながら、ベティは深さは感じられない凡作だと思う。
ゆるい人たちのゆるいお話で、こんなことで人は狂えない。
だからこそ「もっと、狂えと」


クリックすると元のサイズで表示します

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ