No.045/2011◆ 「またの日の知華」2004年・評価【2】  邦画

監督:原一男
出演:吉本多香美、渡辺真起子、金久美子、桃井かおり
『ゆきゆきて、神軍』で知られるドキュメンタリーの鬼才・原一男が手掛けた初の劇映画。激動の70年代を舞台に、吉本多香美、桃井かおりらがひとりのヒロイン・知華を演じ、4人の男たちとの愛を4つの章に分けて描き出す。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
連休疲れもぼつぼつ出てくる。
家のペンキ塗りを終え、たっぷりある自由時間をあまり期待しない映画を見ることにした。
失敗作と評価が定まってしまったこの映画、悪くはないのだがなにか無理した方法論がやけに虚しいのだ。

自殺した田中実君、若くして病死した贔屓の金久美子さんの顔が懐かしく哀しい。

連休も明日で終わり。
仕事がしたい。

クリックすると元のサイズで表示します

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ