No.051/2011◆ 「カチンの森」2007年・評価【2】  洋画

監督 : アンジェイ・ワイダ
出演 : マヤ・オスタシェフスカ、アルトゥル・ジミイェフスキ、マヤ・コモロフスカ、ヴワディスワフ・コヴァルスキ

アンジェイ・ワイダ監督による、第二次大戦中に起きた「カティンの森」事件をモチーフとした戦争ドラマ。ソ連軍の捕虜となった将校・アンジェイは、目撃したすべてを手帳に書き留めようと心に決める。妻のアンナたちは実家で夫の帰りを待ち続けるが…。R15+
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実はこの映画の背景がよくわからない。

ワイダ監督の特集をNHKが放送していて、これがなかなか面白かったと記憶している。
それでこの映画を見ようと思ったのだが、私の能力不足なのか映画もよくわからず、ウイッキも読んでみるものの判然としない。
つまり、私はこう考えた。
戦争のどさくさをいくら論理的に解説しようとしても、無理なのだと・・・。
捕虜の扱いに困ったソ連が闇に葬ってしまった、そんなことが真相なのだろうか?

数が多かったから問題になったのだとしたら何とも・・。
いずれにしろ後味の悪い映画をみてしまった。
やはり、自分から真に見たい映画を見ないと時間の無駄になること「自明の理」。

クリックすると元のサイズで表示します


以下私事で
やっと新車が届き、今慣らし運転中!!
ナビを付けたからどこでも出かけられる。
通勤が楽になる。嬉しいです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ