同床異夢と映画「毎日かあさん」  邦画

製作年: 2011年
製作国: 日本
収録時間: 114分
出演者: 小泉今日子 永瀬正敏 遠山景織子 田畑智子 正司照枝 安藤玉恵 北斗晶 小西舞優 矢部光裕 古田新太 光石研 柴田理恵 大森南朋 鈴木砂羽
監督: 小林聖太郎
脚本: 真辺克彦
原作: 西原理恵子

泣いているヒマがあったら、笑おう
わんぱくな6歳の息子と4歳にして女の武器を使う娘の母である、漫画家のサイバラ。予想もつかない行動に出る子供たちに振り回されながらも、悲しいことや辛いことは笑い飛ばす、たくましい毎日を送っていた。一方、元戦場カメラマンの夫は、その後遺症によるアルコール依存症と格闘中で、同じ失敗ばかりを繰り返す。やがてふたりは離婚することに…。夫は、失った家族の大切さを痛いほど知り、懸命に治療を続けるが、今度はガンに侵されていることが発覚する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
原作の漫画は全く知識がない。

やはり、この映画の面白さは元夫婦、永瀬と小泉の演じる微妙な空気感なのだろう。
映画を見るまでもなく俳優同志(ライバル)の結婚は難しいだろうということが想像できてしまう。

本当の夫婦になると、目と目を合わせて会話することがとっても恥ずかしくなる。
この仮想夫婦もそんな場面が多く存在する。

監督が狙ったであろうモノが自然に出ているのは、偶然と必然の両方なのだろうけれど、極めて珍しい映画だということも言えまいか。

この頃私、現代の映画を見ながら妙に落ち着かない。
とっても面白いなと思いながらも、何故か没頭できない。この映画もそう・・・
これが年を取ったということなのかしら・・・と
昔々の映画の安心できること。

それと酒を嗜まない当方にとって、アルコール依存症の気持ちはどうしても理解できない。


クリックすると元のサイズで表示します

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ