御法度  家業(眼鏡)

以前お世話になったメガネ屋のオーナーにあってきた。
かなりの高齢なのに元気なのは嬉しい。

真っ当に店舗を持って商売することの大変さ、商売人同士手に取るようにわかる。
もっとも、そこには眼鏡組合というのがあり、私のような異端なメガネの売り方(度付メガネ通信販売)はご法度とのこと。

圧力団体としての組織でもあるわけです。
業界のルールということなのですね。
それを守ってつぶれたら何にもならないけれど、組織というものはこういうものなのでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
クリックすると元のサイズで表示します


「カウボーイ&エイリアン」
間抜けなハリウッド映画なのかと思っていたし、前評判もよくないので期待しなかったのだが私はとっても面白く鑑賞することができた。
こういう映画にあまり細かい注文は必要ないわけで、おおらかな気持ちで臨めるかどうかにかかわってくる。
何と言っても久々の西部劇で、その雰囲気がなかなかよろしい。
出てくる人が最後はいい人になって、一丸となってエイリアン退治に奔走する。

そしてカウボーイは一人その町を去っていく。
ハッピーエンドの安直さもいい。
ダニエル・クレイグ」という男優、よく知らないが結構渋い。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ