戻り梅雨?  邦画

クリックすると元のサイズで表示します


「昨日消えた男」森一生監督作品言えばTV「暴れん坊将軍」の映画版と思えばよろしい。
気楽な娯楽作としては良くできている。
じとっとした雨模様の日にはこんな映画が似合う。

クリックすると元のサイズで表示します

この本については敢えて論評はしない。
「寝た子を起こす」それでもいい。知らないことの罪は何よりも恐ろしい。
日本映画を本当に愛するならば、この差別構造を認識していないことにはやくざ映画一つ理解できないと思っている。

現代のやくざ組織の半分近くが同和関係者だとの話も聞く。

たとえば、映画「紙屋悦子の青春」どうしても出自の言えない主人公、初夜の日にもじもじする気持ちとってもわかる。・・・・

そうそう思い出した。
「ゆきゆきて、神軍」の主人公、故奥崎健三も被差別部落出身者だという。
さらに怖い話を監督原一男から聞いた。
この映画の続編を考えなかったかという問いに彼は「奥崎が本当に人を殺してしまうだろう」ということを言っていた。

犯罪を誘発したならば映画とは言えなくなってしまう。
その狭間こそがドキュメンタリー映画の本質なのだけれど・・・。

取り留めもない文でした。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ