時代考証・・眼鏡提供は「イワキメガネ」  邦画

クリックすると元のサイズで表示します


「ALWAYS 三丁目の夕日’64」山崎貴監督のCGが楽しみの一つである。

全面的に展開される人情話もできすぎで、それを承知で見ているところもある。
さして目新しい展開でもなく、ほろっとしながら映画の進行に合わせてしまう自分がいる。

「違うな」という思いは常にあるけれど、善人ばかりの映画もいいとは思う。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もうすぐ8月、この暑さには参るけれど、体が少しは慣れてきた。
知り合いにメガネを買ってもらい、配達の帰りにアイスコーヒーをおいしく飲む。
こんな時が今一番の幸せかしら・・・。

私、どこまで行ってもメガネ屋だから・・・
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ