鶴瓶「ディア・ドクター」よりはるかにいい  邦画

車で一時間半ほどかけ隣町まで出かけた。

期待の西川美和監督作品「夢売るふたり」鑑賞



率直な感想は30年以上前の「日活ロマンポルノ」似ていた。
女の強かさと、男の情けなさ、何よりも性愛場面が現代AV、ロマンポルノ風なのには笑ってしまった。
鶴瓶のアドバイスが効いたのか?
代々木忠大センセイも参考にしたとか?

ストーリーの混沌さもあるものの、本筋は「心の混沌」を描きたかったと思える。
イライラするような場面もあるが、どこかはみ出し者への温かい視線が気持ちいい。

私にはこの映画の本質が見えてこない。
とっても手ごわい映画でした。

少し冷却期間を置いて論じたい。

そうそう鶴瓶、圧倒する存在感は流石。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ