凛々しい女剣士  邦画

クリックすると元のサイズで表示します


花のあと
製作年:2009年

映画「青い鳥」で気に入った中西健二監督作品

妙に地味でシンプルな作りは予算の関係かしらと思ってしまうが、あながちそうではないのかもしれない。地味さが後半いい味わいとなる復讐物語。

主演の北川景子はあまり知らないのだが、楚々とした振る舞いと刀を持った立ち回りのギャップがなかなかよろしい。
映画の細かいところの矛盾なんか関係ない、この映画は女剣劇、つまりチャンバラを楽しめばよい。最後の大立ち回りは大いに楽しめた。
それでよいこの映画は(笑)。

女剣士と言えば「あずみ」などという恐ろしくお粗末な映画があったが、志穂美悦子の女空手もよかった。大昔「琴姫七変化」というテレビドラマも面白く見た記憶がある。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ