映画「忍者武芸帳」  邦画

クリックすると元のサイズで表示します

先ごろ亡くなった大島渚監督作品
DVDでのレンタルがなく、GyaO!からの配信での視聴になった。

かなり実験的な映画にはなっているが、今一つはっきりしない映画だった。原作を読んではいるが何十年か前であり、描きたいものが革命なのだろうけれど理解不能な部分が多々あった。

ついつい居眠りをしてしまった。

当時の学生の熱狂の残滓を、かすかに感じないではないが時代は変わってしまった。

大島渚のはっきりした論調が懐かしい。
もう二度と聞けないことがわかっているのだが・・・。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ