疲れた・・・  邦画

メガネが売れて嬉しくもあるのだが、やはり少し疲れました。

クリックすると元のサイズで表示します


こんな時には映画のシリーズものがいい。
お約束の展開と最後の殴り込みのカタルシス、健さんも若いし藤純子も美しい。

監督マキノ雅弘、本人斬った張ったの任侠もの好きではなかったようである。自然と人情の機微に重きを置いた演出になったようだ。

明日からも会社、不穏な空気上層部は敢えて読もうとしない。まあ未来はない。
少し経営をかじった者としては、会社の方向が違うだろうにと思いつつ、近くやってくる意味深な「時」が楽しみ!?
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ