本の処分  

今日は少し時間ができたので、本の整理をした。
売れるものは売って、かなりの年数の経ったものは資源ごみとして処分することにした。

これが実に哀しい作業でなんともやるせないものである。
それでもやるしかないと思っている。

最期は身一つでいいわけですから、できるだけ後の人に負担がないようにと思う。

両親の残した膨大な荷物を何年もかけて処分を終えつつある。
これがいい教訓になってはいる。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ