遺作  邦画

クリックすると元のサイズで表示します


若松孝二監督の遺作、正直に言うと乗れなかった映画なのです。
色男3人によるいろいろなお話で、とりとめもないように感じられた。
これが遺作とは少し寂しいが、こんな終わり方も若松監督らしく思える。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ