謹賀新年  日々のこと

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

今年をどんな年しようか具体的には考えてはいないけれど、技術者の端くれとして尖がっていたいと思う。
あと何年生きられるかわからないけれど、次のステージも考えないといけないだろう。

二足のわらじが少しずつきつくなってきたことは事実です。

映画は好きなものに出会えれば年に一本でも構わないだろう。
本数をこなす年齢でもないから・・・。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ