ためになる本  

クリックすると元のサイズで表示します


かなり興味深く読み進めた。
隠そうと意図した差別構造は、やはり公にして議論しないといつまでもなくならない。
東京にも「被差別部落」があったことは知らなかった
**************
クリックすると元のサイズで表示します

映画版「ヒーロー」ぼそぼそ見る。
松たか子ファンとしては少し期待したが、テレビ版のほうがまとまりがある。

「松本幸四郎」との親子対決が売りということだろう。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ