久しぶりの洋画  洋画

クリックすると元のサイズで表示します


1965年ウイリアム・ワイラー監督作品「コレクター」
良くできた犯罪映画、どこか犯罪者に共感するところがないとつまらない。
しかしながらどこか痛々しい!!
「サマンサ・エッガー」が色っぽくていい。

***********
「イスラム国」もともとはアメリカの正義が作り出しもの。
日本はアメリカの一員であることは誰の目にもわかること。

おそらく民意は人質を見殺しにするだろう。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ