女性が一番美しかったころ  邦画

クリックすると元のサイズで表示します


映画「アカシアの雨がやむとき」 1963
 主演浅丘ルリ子がまずもって美しい。そして西田佐知子が意外にも堂々とした演技で驚き、その地味風美貌でもルリ子さんといい勝負である。
映画の中身は、無理やり主題歌に合わせたような展開だけれど、それが嫌味にならないのがいい。
この映画の観客は、やはり少しでも長く主題歌を聞きたいと思っているのだと思う。そういう意味では理にかなっている。高橋英樹はどうでもいいのだ(笑)。

昭和の名曲である。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ