拓郎は神様だ。  家業(眼鏡)

去年映画館で見た映画「結婚しようよ」をあらためてDVDで見直した。

去年の今頃は、いろいろなことを清算しなければならない時期で、何かと落ち着かなかった。
見直して感じたことは、ストーリーを無理やり作り、それに吉田拓郎の歌を詰め込んだ感じで、それはファンとしてはとってもうれしい部分も多かった。

私は当時、拓郎の大ファンという事はなかったけれど、生活の中に彼の歌が入り込んでいたことは確かなのです。

クリックすると元のサイズで表示します


自然に口ずさめる歌の多いこと。
私自信も驚いたのですが、簡単に涙が出てくるんです。参りました(笑)。
そして、これは複数で見た最後の映画にもなってしまいました。

*ユーチューブ、色々見てみたが画質が、音質が悪く、くだびれること(笑)。もうやめました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ