エイリアンが逃げ回っている(笑)  地球外生命体



宇宙物の大御所シンゲンさんサイト
大いに張り切っている。

大体こういう話はお笑いとして結構面白く、馬鹿馬鹿しいと思いながらのファンでもある。

9割がたガセだろうと思いながら、実は・・・?
という話だけれど、

SF映画があまりにもお粗末だから、現実の話の中にロマンを求めてしまうところがある。

____________________

ところで今日は会社のQC大会
会社に縛られるのはいい加減にやめたいけれど、仕事自体は結構性にあっていからやめられないところもある。
金銭的なこともどうしても避けられない。

こういう無限の改善活動はいつか破綻すると私は読むが、経営者は永遠に続く、続けなくてはと思っている。

逆に言うとモノづくりの楽しさをどうしてもスポイルしてしまう。
日本的な律義さに誰もついてこない可能性がある。

日本株式会社は日本だけに通用するルール作りに血眼になっている。
どんどん行けるところまでいってみることも必要だろう。

結果、結論は見ずして私たちは鬼籍に入ってしまうことになる。

いまの福島原発事故の後始末にも似ている。
いま生きている人たちは、誰も原発の処理の最終工程を見ずして死んでいくのである。





0

KIC8462852  地球外生命体

猛烈に暑いのは全国同じだという。

こんな時にはこんな動画がひんやりさせてくれるぞ。



正直信玄さんサイト9割がたスルーするけれど、今回のものは「旬の話題」としても面白い。

現実問題として明らかに「空想から現実」に移行しつつある宇宙の話、どこかで誰かか現実を直視してきちっと説明すべき段階に来ていると思っている。
そうしないといつまでたってもつまらない戦争ごっこをしていることになる。

私たち人類の一生は、宇宙の規模からいえば一瞬に過ぎないことは明白。

始めがあれば終わりも必ずある。

ともかく「成るようになる」としか言いようもないのがいい(笑)。

_________________________

それにしても松居一代の大暴れ一代記、笑いを通り越している。
渡辺謙も元のさやか・・
「愛情」は変わるもの、やはり「相性」はあるのだろう。

嫌われたらさっさと身を引こうではないか。

もうすぐ梅雨明け、頭の中もだいぶ疲労してきた。
そうそう、私の会社何やら病人続出、緊急事態・・・。
原因は大体想像できるけれど内部者が告発するわけにはいかない。

人の二倍の給料をもらっても体を壊したら何にもならない。
労災に人一倍神経質なのに、なにか抜けているのは「日本株式会社」の最大の欠点なのだ。

会社のために働いてはいけない、自分のために働きなさい。
と、若い人に言いたい。

「ダイソン球」が確認されたとき人類の歴史も変わる。


なぞなぞの中に「弾」込めました。
関係者が読むはずもないけれど・・・。




0

嘘でもいいから誉めまくれ!!  地球外生命体




素晴らしい動画(笑)
どこかで聞いたフレーズですがその通りです。



ホンダF1情けない状態通り越してお笑いの世界に入りました。F1世界から救済の手が・・・?
しかしながらこの動画のシビックは速い。見てるだけで酔ってしまいます。
______________________

BABYMETALの「シンコペーション」のさびの踊り何度見ても手の動きが理解できません。
考えた人がすごいのか私の理解力不足か!?

________________________________

http://www.megane-tomiyasu.com/original5.html
このところ女性ファンが増えて嬉しいですね。



0

何かとんでもないことが  地球外生命体

明日からは通常通りに動き始める。

日本の始動は嫌な予感がついて回る。
誇大妄想的なユーチューブの動画を見ているとこれはこれで納得する部分もある。



怪しい情報は逆にチェックする必要がありそうなのだ。
科学の進歩は知らなくてもよいことまで、知ることになる。それがいいことか悪いことかは誰も判断できない。

世界は裏で相当な陰謀が行われているのだろう。
新聞、TV等々のマスコミだけでは到底カバーしきれない。

混沌を楽しむ余裕がほしい。

_________________________

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「ヤフオク」の目玉DEATH
0


ブログの記事カテゴリーにUFO追加
実はNHKの地味の宇宙番組「コズミックフロント」長いこと見ている。大まじめすぎる検証番組でいつも眠たくなるけれどそこがまた快感なのです。

画期的なSF映画ができにくいのは、現実にかなり宇宙のことが分かってきたことに原因があるように感じている。



これは、最近一番感心した動画です。
素人は内容の信ぴょう性に触れることはできないけれど、在りうることなのだろうと思う。

キューブリック監督「2001年宇宙の旅」はほんの少し宇宙を考察しているのに過ぎない。

「超文明」は愚かしい私たちを観察しているのだろう。
「核を何とかせい」と・・・・。
0




AutoPage最新お知らせ