10000超えたか?  YouTube

日本映画横断1971
1万超えたようだ。

私にとっての大ヒット嬉しい。
かつて卒論で映画史をやった。政治学のゼミだったのに、卒論のテーマは何でもよいというおおらかさで、私はへたくそな文章を綴ったものだ。

ここにきて次回の動画のために少しばかり映画史を見直している。
記憶があいまいな部分が補強されて、想い出の日本映画がよみがえる。

最も筋まではほとんど思い出せない。
脳の空洞化は如何ともしがたい。

それでいい。
老化は老化として認めよう。

ここまで生きてくると、自ずと自分の中のタブーらしきものは消え去りつつある。

一人で生きているということは、「忖度」が必要がない強さがある。

動画を作りながら、かつて見た映画の作法をあえて崩してみたいとも考えている。
楽しみな動画の構想を具体化している。

その作業がこの上なく楽しい。

そうそう、菫ちゃん動画少しずつ認知されてきているようで嬉しいです。
0

豊川海軍工廠DVD  YouTube

YouTube動画、DVDに焼き直したものを、知人が公開してくれそうだ。
老人たちはインターネットの環境など持ち合わせていない。

高齢者はこういう動画はなかなか見ることがなかろう。
リズムはかなり抑え気味だから、入りやすいと考えます。

あまりに若者向けばかりでは、高齢者の居場所はないに等しい。

_______________

春めいて草花が咲き始めると、なぜか心がウキウキする一方、ざわめきも起こる。
風邪気味の体調、だいぶ通常に戻りつつある。

明日はF1中国グランプリ、楽しみです。

*****************

日本映画横断 動画、もうじき視聴10000件超えそう、これは信じられない。
近作F1動画ぐらいが適正数字だと思われます。

0

菫旅日記 余話 じわじわと・・・・  YouTube


視聴者あたりの平均視聴回数5.1



分析を見ると、どうもこの動画にはまっている人がいそうだ(笑)。
通常平均視聴回数は1を少し超えるぐらいだから、ダントツです。

作った立場とすれば嬉しい。
知人のパン屋さんにも気に入られているようです。

菫ちゃんの可愛さはとびっきりですから、これで実力をつければ「鬼に金棒」という古い言葉を思い出します。

「亜樹旅日記」の第一作をどこかで意識して作っていることは事実ですが、シンプルな構造は意外と難しかったですね。
何といっても音楽、ANDYさんの素晴らしい曲がなかったら成立しなかったでしょう。

________________________

ところでF1動画どうでしょう。
ラストの安易な桜の場面は、どこかの映画で見たものを再現していますが、作った当人は粘って「風待ち」がうまくいったと思っています。

動画に入れ込みすぎた結果、風邪をひいてしまいました。
今日、休日診療所にお世話になりました。

大したことはないのですが、のどの痛みにやや違和感があります。
実はもう次の動画構想が頭に浮かんで困っています。

0

新作動画アップ  YouTube



こんな動画はやはり私のものです(笑)。
ということになりますか?

0

F1動画鋭意製作中  YouTube

誰も考えないようなものにしようと製作しています。
最も素材が限られるため、一定の枠の中での「悪あがき」です。

それにしてもホンダF1勝てそうな雰囲気が何といっても嬉しいです。

これにて動画完成までブログ休止します。

と前回も言っていたのですが、あっという間に完成したから今回もどうなるかわかりません(笑)。
0

健全な視聴  YouTube

むやみに視聴回数が増える「日本映画横断」よりも「その後の亜樹旅日記」の楚々とした増え方のほうが、はるかに健全な感じがして好ましい。

題材が戦争ものだけれど、そこは私が作るものだからエンターテインメントを幾分か入れている。
だから、繰り返して見られるはずである。

動画中の「絵日記」ぜひ読んでいただくと、ぐっとくるものがある。
10年後に亜樹ちゃんが見てくれても恥ずかしくないものにしている。

私が生きていないこともあるけれど、、、
遺族によって削除されているかも(笑)

いずれにしろ先のことはわかりません。
だからこそ、好きなことをする。

F1動画概要が出来上がった。
誰も喜ばないかもしれないけれど、私は作りたいのです。

元号、やはり私はどうでもよい。
政治もどうでもよい。
人口が減ってよいことも多々あるはずです。

そこのところをぜひ、研究することが必要でしょう。
0

SHIROが逝って2か月  YouTube

クリックすると元のサイズで表示します


このごろ遅ればせながらスクリーンショットの取り方を覚え重宝している。
亡きSHIROを思いだしたいときには動画を見ることにする。

寂寥感はあるけれど、どこか「同志」として一人孤独を楽しんだと思うことにしている。
最期までいい関係で終われたのはよかった。

もういろいろなことに妥協する必要もなく、自分勝手に生きて何が悪いという思いが強い。
メガネを作るにしても、「ヤフオク」で商品を提供するにしても気に入った人が来てくれればよい。

こういう生活はどこか不自然を伴うけれど、それは自分が選択した道なのだと・・・。

______________________

「ヤフオク」お客様の反応が面白い。
送料無料をコンセプトに、実はとんでもない価格になっている。

日本でナンバーワンの低価格です。
ピンピンの商品がです。

低価格すぎ時々批判が起きているが、それが当店の生き残る道だと思う。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/tomiyasu22_0210?userID=tomiyasu22_0210&u=tomiyasu22_0210

_____________________________________

拍手があった(笑)
当方の地味なブログにはほとんど拍手らしきものはない。
が、しかし 前回分に拍手の記号が、嬉しいです。

地味なファンには居心地が良いかもしれないと思いますね。
0

豊川海軍工廠動画 余話  YouTube

この動画を見てほしい人は、80歳以上の高齢者になる。
ところが、そういう人たちにいろいろ聞いてみたのだが、インターネットはもちろん、DVD再生装置も持たない。
若い人たちと住む高齢者はいいけれど、動画を見る方法がない。

結局敬老会等で上映することぐらいしか考えられない。
以前高齢の知り合いに、DVDをプレゼントしたことがあるけれど、再生機を持たないことを知らず趣味の押し付けのようになってしまい往生したことがある。

どうも思案に暮れるばかりです。

いずれにしろ地味な動画ですから、そっと日陰暮らしでもよいようには思う(笑)。

作った当人としては、木下恵介監督の映画を見るような感覚で繰り返し楽しんでいるから、全く後悔はありません。

1

豊川海軍工廠  YouTube

新作動画、私としては結構気合を入れて作ったつもりです。
こういう地味な題材をある程度のエンターテインメントを取り入れつつ撮影、是非若い人にも見てほしいと思います。

7前に死んだ母親もここに勤めていたようだが、偶然のお休みで命拾いをしたようにも聞いています。
近所にも助かった人はいるようだが、詳しいことは聞かずじまい。

年寄りの戦争話は、実はあまり聞きたくないものです。
それでも誰かが語り継がなければならない部分もあるでしょう。

こういう動画は、爆発的にアクセスが来るものでもありません。
じっと、そしてそっと愛でていただければと心から思います。

わかくして死んでいった学徒動員された人たちに、ほんの少し光を当ててほしい。
0

新作動画  YouTube



1日で一気に作り上げました。
0

ロケハン  YouTube

動画の材料撮りにある場所に出かける。

ネタバレになりそうだから、細かくは言わないことにするけれど、そこの館長さんとしばし談笑、これが結構ためになるやらで楽しゅうございました。

逆に言うといい加減なものは作れないなと思います。
私の連作は出来不出来は当然あるものの、決して手は抜いていません。

できるだけきれいに残したいと思っています。

近日中にupできると考えます。

そのほかに演歌F1と若松ピンクが頭に浮かんで困っています(笑)。
事故を起こさないように、仕事でミスしないようにと・・・。

心をきつく制しています。

では動画アップまでブログお休みです。


0

動画整理  YouTube

https://www.youtube.com/user/tomiyasu22/videos

東亜樹関連の過去の動画どうしようかと思案したのですが、やはり数多くの訪問者を考え少し整理して継続掲載しようとおもう。

亜樹お父様が撮ったものを私なりの編集、つまり試作していた時期のものなのだが懐かしさもあるわけです。

試作ナンバーをつけていますから、自分にとっても試行錯誤が読み取れるものにしてあります。

それにしても日本映画横断1971、もう少しで5000回超え、何がどうなっているのかわからないけれど結果として嬉しいものですね。

地味な地味な私の動画に花が咲いたと思い、これを励みにへたくそな動画づくりに精進しよう(笑)。
___________________________________

クリックすると元のサイズで表示します

このメガネフレーム最後の一本になりました。

この価格ならば絶対売れると思い10本以上仕入れました。
「ヤフオク」を目の敵のように言う人がいるけれど、もはや多くの人に認知された商売です。

人はいろいろなことを通じて学習していきます。
危ないことにとは絶対手を出さないことも必要だけれど、失敗して得られることも多いのです。

私は老後といえどもドキドキしながら生きていきたいと思う。

泣いたり笑ったりして・・・。

0

映像詩に挑戦してみました。  YouTube



日活ロマンポルノだけ語っていては、あまりにも一面であるから(笑)、健さんを語らせてもらいました。
動画を作るにあたって音楽を提供していただいている「ANDY」さんには本当に感謝しています。
これほどぴったりする音楽を無償で提供いただいていること、私には奇跡のように感じています。

東亜樹に振られて(ということにしておいてください)(笑)も、全く音楽に困ったことはありませんでした。

映画を見るにあたって、音楽はとても重要なことは誰でもわかっていることですが、いざ自分で使うとなるとこれは実に難しいことになるわけです。

私は、音楽は自分自身が繰り返して聴けるかどうかが選択の基準になります。
ANDYさんのものは不快に感じる音楽はほとんど存在しません。

ゲームを全くしない私は、ゲーム音楽だけは苦手になるでしょうか?

今回のものは気に入った一曲に健さんのすべてを入れてみました。

「冬の華」が実質最後の任侠映画になるわけです。

それ以降の「いいヤクザ」はどこかに違和感が存在しています。
膨大な数のファンが存在する健さん、少しでも気に入っていただけると嬉しいです。
0

視聴回数1000回超え  YouTube

動画、日本映画横断1971+ 視聴回数が1000回を超え一応の目標達成で、作ったものとしては安どしている。
これからこの動画がどうなっていくのかわからないけれど、多くの人に愛されたならばさらに嬉しい。
コンプライアンス違反になるかもしれないが、それはそれです。

意外にも私の住む新城市からアクセスがあるかもしれない。

「亜樹旅日記」
「菫旅日記」
「日本映画横断」
と3本の強力な矢が出来たということにもなります。

今後の展開は全く読めないけれど、アイデアは山のようにある(笑)。

_______________________________

NHKのドキュメント 心の時代 宗教 人生「命の輝きを写す」末期がん患者保山耕一さん
これには感動した。

プロの映像のすごさを垣間見た。



私は私のやり方しかできないけれど、いいものを見させてもらった。

近頃は日本映画の汚さにほとほとまいっている。
小汚い映像に感動は起きない。

せめて自分が作る映像はそういうものは排除しようと思う。
いま一番安心して見れるのはNHKドキュメントである。
ただし、簡単に映像が止まってしまうのは、本当に腹が立つのである。

ダゾーンの映像が圧倒的に改良されていることを考えると、NHKの怠慢さが残念である。

0

新作動画アップ  YouTube



いろいろな想いが交錯しながら、この動画をアップしました。
愚痴めいたことは言いますまい。

新しい動画シリーズの始まりです。
シリーズ化できるかどうかはわかりませんが、何とか継続できることを祈っています。

日本映画ファンとしたら、もちろん前回の日活ロマンポルノも重要ですが、最後に残っていくであろう物は、木下恵介の名作だと思っています。

この動画を作りながら何度ホロッとしたことか?
自分で作りながら、涙を流したこと初めてでございます。

いい思い出を作ってくれた「菫旅日記」皆さんに長く愛されること心から願っています。
0




AutoPage最新お知らせ