2008/5/5  19:03

故糸川英夫博士の遺品が大量に見つかった、そうな  News!?

いつもは地元の政治ゴシップしか扱わない(言い方を変えれば「政治ゴロ」な)仙台の新聞会社と間違えそうな名前を冠する地元紙に載ってたネタですまんのだが、「日本のロケット開発の父」とも呼ばれた故糸川英夫氏の遺品が大阪府枚方市の穂谷公民館に大量に眠っているのが発見されたそうな。

河北新聞:宇宙ロケット開発の父 糸川博士の貴重な遺品が枚方に 松本零士氏も訪問し確認 穂谷地区の篤志家が百数箱預かる

まぁしかしこんなたまげたもんが枚方の「田舎の方」にあるとは……。でこれを活用できないのが枚方クオリティorz 七夕と絡めてなんとかすりゃいいのに……。

我が国で『宇宙ロケット開発の父』と言われている故・糸川英夫工学博士の遺品が、枚方市内の公民館に百数個の箱に詰められたまま活用されることなく保管されていることが明らかになり、関係者の間で「子供達が輝かしい未来が描ける社会を築こう」と、遺品の保存展示の場を枚方に建設しようとする動きが高まりつつある。
 糸川博士の遺品は現在、枚方市穂谷の公民館に段ボール百数箱に詰められ、開封されることなく数年間眠り続けたままになっているという。遺品は博士の幼少期からの写真、論文等の生原稿、東大でロケット研究した際の記録や書籍、実物ロケットの部品等、国家機密に劣らぬ貴重な資料が残されているという。
 遺品が穂谷公民館に保管されたきっかけは、同地区の重村庄一区長が数年前たまたま三重県伊勢の『二見浦賓日館』(明治天皇の母、英照皇太后宿泊建物)を訪れた際、同館の林紀幸館長(当時)と意気投合、話し込むうちに糸川博士の遺品を林元館長が保管しているものの、膨大な量で保管場所に困っている現状を知り、重村区長は『日本の糸川、世界の糸川博士の遺品』が何の活用もされないまま眠っていることに驚き、何とか教育的視点から「子供達に夢を抱かせるためにも有効活用出来ないものか」と思案し、とりあえず遺品をスペースのある穂谷公民館に預かり「活用はその後に考えたらいい」として、遺品活用に枚方市役所等と相談を重ねて来たが活用の目途は現在までついていない。
 重村氏が遺品活用に頭を悩ませていたところ、親しい知人が「世界の糸川博士の遺品をこのまま眠らせるには余りに惜しい。枚方市にとっても遺品の保管展示場が出来れば、我が国で初めてペンシルロケットで宇宙への扉を開いた糸川博士の名で、全国へ宇宙の情報発信基地としての名が知られることになる」として理解者の協力を得、『未来に夢を持つ青少年を一人でも多く育てる会』の発足を現在準備中という。
 糸川博士の遺品を重村氏に預けた林元館長は、ロケット研究に取り組む東京大学生産技術研究所に勤務、糸川博士の許で研究を重ねた末にロケット班長として最前線に立ち、平成12年の退官までに打ち上げに立ち会ったロケットは約430機に上るという、ロケット人生一筋に歩いて来た糸川博士の愛弟子の一人。
 重村区長や林元館長の今後の計画は枚方市が宇宙への情報発信基地として定着するために出来るだけ多くの理解者に呼びかけ『糸川博士資料館』的建物を建設、ゆくゆくはこの遺品を叩き台として『体験宇宙基地の創設』まで漕ぎ着けたいとしている。
 昨年は重村区長宅に宇宙開発事業団参与、大阪府大型児童館ビッグバン館長、日本漫画家協会常務理事等の役職を兼ねている松本零士氏も訪れ、遺品の活用法等の協議を重ねている。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ