2008/11/24  22:36

0系を西明石まで撮りに行く  Trains

11月30日を持って営業運転を終了する新幹線0系。夏前から「色塗り直して11月30日で営業運転終了するから」と言われつつ延々行かず、「もう行かなくていいや」とまで思ってた。
で今日も朝の2時前から「行った方がいいだろうか、お金かかるし行かない方がいいか」なんて思い悩みつつ4時頃に「行かなくて後悔するより行って後悔する方がいいや(`・ω・´)シャキーン」と言う訳で朝5時5分枚方市発の始発に乗って新大阪に向かう。阿鼻叫喚の惨状まで行かなくても営業運転終了6日前だからなぁ……と思ってたらまぁ6時前だったからかそこまでは混んでおりませんでした(-_-;)
この団子っ鼻が0系の特徴だったんだよな……。
クリックすると元のサイズで表示します
(2008年11月24日。山陽新幹線新大阪駅)

で0系が使われる6時12分発の「こだま629号」に乗車。西明石駅で撮影しやすいように喫煙車である6号車に乗車。タバコ吸わないんだけどね(-_-;)
車内はそんなに混んでませんでした。むしろ指定席の4号車が混んでた感じ。車内造形はさすがに「旧式」を感じさせますね。
クリックすると元のサイズで表示します

0系とか100系で使われていたグリーン車の椅子を再利用したシート。以前にこのシート(0系)に乗って博多から新大阪まで帰ってきたことがあるんですが、座り心地いいか?と言われたら微妙って感じでした。行がひかりレールスター(700系)の自由席タイプだったんですが。ま、乗った時間も違うからねぇ……。ちなみにオリジナル0系シートは更に微妙……。ま、700系シートは「シートの重さ」まで考慮に入れて設計してあるから0系シートと比較すると「軽さ」が見て取れますが(-_-;)
クリックすると元のサイズで表示します

で「お名残乗車」として西明石まで乗車。「こだま629号」はこの後博多まで向かいます。
クリックすると元のサイズで表示します
(2008年11月24日。山陽新幹線西明石駅)

降車後、福山からやって来る「こだま620号」を待ちました。これも0系。
クリックすると元のサイズで表示します
(2008年11月24日。山陽新幹線西明石駅)

「こだま620号」発車後、神戸方で100系で運用の「こだま635号」とすれ違い。どちらも東海道山陽新幹線のスターだったのに今では「短い6両編成」での運用……。
クリックすると元のサイズで表示します
(2008年11月24日。山陽新幹線西明石ー新神戸)

「こだま620号」が折り返してくる「こだま639号」を待つために上りホームに移動。ぼちぼち人が増えてくる。700系のぞみなんかを撮りながら待ってると広島まで行く100系で運用される「こだま637号」がやって来た。100系にしても500系の8連化してのこだま転用やら700系レールスターのこだま転用の話(500系は既に開始されている)もあり、270km/hの出ない100系もそんなに長くないことが予想されるけどここまで話題になるかどうか……。
クリックすると元のサイズで表示します
(2008年11月24日。山陽新幹線西明石駅)

N700系「のぞみ」が100系を追い抜くシーン。既に700系ですら「ヤバイかも」ていう話が出ているあたり、N700系というのはトンデモナイ車両なんだなということを感じさせる。
クリックすると元のサイズで表示します
(2008年11月24日。山陽新幹線西明石駅)

で西明石に着いてから待つこと総計約2時間。「こだま639号」がやって来た。
クリックすると元のサイズで表示します
(2008年11月24日。山陽新幹線西明石駅)

下りホームはかなりの人数がいたので(゚〇゚;) つか子供たちはこいつ(0系)が16両という「長い編成」で東京と博多の間を疾走してたの知らんだろ(-_-;)
クリックすると元のサイズで表示します
(2008年11月24日。山陽新幹線西明石駅)

0系がJR西日本の700系に抜かれるシーン。
クリックすると元のサイズで表示します
(2008年11月24日。山陽新幹線西明石駅)

で「こだま639号」はライトをきらめかせながら西明石駅を後にしましたとさ。
クリックすると元のサイズで表示します
(2008年11月24日。山陽新幹線西明石ー姫路)

ま、姫路まで行けば0系がN700系にぶち抜かれるシーンが撮影できたんですが、さすがに勘弁orz
多分来週の土、日曜日は各駅や撮影ポイントで阿鼻叫喚なんだろうなと思いつつ西明石から207系に乗ってJR東西線の新福島までのんびり寝ながら帰りましたとさ(-_-;)



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ