2004/11/25  7:01

本を読め、文章を書け...そして街に出よう  News!?

なんでも「日本語(国語)力」という奴が低下しているらしい。まぁそう言って嘆く自分たち(30代から40代)にしたって学生の頃に「国語力が低下している」と言われた口なのでなんだかなぁとも思うがな。
低下の原因は色々あるらしい。ほら受験勉強の弊害だ、とか、ほら本を読まなくなった、とかほら……まぁいくらでもあるわな(探すのマンドクセ)。
「受験国語の弊害だ」と言う人がいる。じゃあ受験国語がなけりゃ国語力が増強するのか。そんなん無理(きっぱり)。受験がなけりゃ国語なんて勉強するか?ふつー。現代(口語)文なんて「いつも使ってるし勉強せんでええやん」教科の筆頭だぞ大体。理系の癖してセンター国語現代文100点中90点の私が言ってるのだから間違いない、はずだ。大体センター試験2週間くらい前から過去問やりつつ勉強を始めるのだ(自爆)。ちなみに古文や漢文はもっと前から勉強する。
「受験国語はテクニックに頼り過ぎ。文章なんて読まなくても分かる」という言葉に励まされた大学入試にひた走っている君に言いましょう。そんなんほとんど無理です(テクニックの大体の概要は知っている)。大体、問題文に何書いてあるかすら分からんのに、どうやってテクニックが使えるのだ? 問題文に書いてある内容すら理解できないのに答えなんて導き出せないぞ。
じゃあ結局は国語力を高めつつ「受験国語対策」はどうすりゃいいのか(特に高1、高2あたり)。簡単だ。本や新聞を読め。まぁ新聞なら読朝毎の3大紙(すまんが産経は3大紙とは思ってない)の朝刊の下部にあるコラム(朝なら「天声人語」だ。取ってなかったら宗教紙以外ならいいと思う))は少なくとも毎朝必読しろ。「またデムパキタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!」なんて思わず、「何を書いてあるか自分の言葉でかつパソコンを使わず手で書いてまとめる練習をしろ」。誰か先生がいたら添削してもらってもいいだろうし、なんなら友達やボーイフレンド、ガールフレンドと一緒にワイワイ言いながら添削交換つうのはどうだろ?(^_^)
次に本を読め(読書感想文はいらんぞ)。本をあまり読んだことない香具師は「セカチュー」だろうが「今会い」だろうが構わん。導入部分としては最適だが、そればかり読んで「あちらの方(♪瞳を閉じてー)」に行ってしまってはダメだ。少々古い小説とか(太宰治よりもう少し先くらい?)エッセーをガシガシ読め。さくらももことかも最近試験に出るらしいが、哲学者とかのエッセーも読め(えーと誰が頻出するかは受験雑誌でも見たら載ってるかもしれないし、予備校に通ってたら現代文の先生に聞けば分かるかも)。「書くクセ読むクセ」を付けろ。テクニックは高3の夏に入ってからで構わんのだ(^^;)
ってこれだけふつーに「受験国語の勉強」やれば(私がそうやった。さすがにコラムのまとめはしなかったが……)そもそも「国語力の低下」になるとも思わんが..._| ̄|○
続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ