2005/8/9  21:28

衆議院解散→総選挙  News!?

小泉首相が郵政民営化法案を参議院で否決されたのを逆恨み、もとい期に衆議院を解散して国民に信を問うことになった。
私的には郵便事業まで民営化してしまうのはどうかと思ったりもした。なんせ「国全体に統一料金で郵便物が届くのが民主主義の礎」という考えがアメリカにあったりするからだ(あそこは郵政公社だ)。何故か? 例えば極端な話、沖縄は石垣島に東京から郵便ハガキが50円で届くのは「国がやってる」からだ。民営化して「東京都内、神奈川千葉埼玉茨城には30円、名古屋仙台京阪神までは50円、東北中国四国北陸は70円、北海道九州は100円、沖縄は200円、更に離島には50円プラス」なんて値段が付いた場合、ハガキは当然のことながら関東圏、頑張って名古屋仙台京阪神くらいまで届かないだろう。まぁ福岡札幌まで頑張ったら日本の人口の80%の人間が含まれるからだ。
「民主主義」というのは勘違いされている方も多いとは思うが、「多数派の意見を採用した政治をしましょう」というのではなく、「残り少数の意見も聴いてより良い政治にしましょう」ということなのだ。郵便事業の民営化は地方の意見の切り捨てになることはほぼ間違いない。それを考えると郵政民営化は反対せざるを得ないのだが……


都市局の一部の局員の怠慢を見たことのある(さすがに今は知らないが15年ほど前にはいた一日に3便、4便しか来ない配達トラックを見守るだけの仕事とか「私達は出力するだけですが何か?」という写真付き切手の制作班)私としては思いは複雑だったりもします(^^;) そういう香具師を見ると「おまいらさっさと民営化されちまえヽ(`Д´)ノ」だからなぁ。その辺りは「小泉首相が郵政大臣時代に馬鹿にされた恨みを根に持っている」という話も分かったりします(-_-;)

まぁなんせ9月11日は衆議院議員選挙。貴重な一票は無駄にしたくないものです(^o^)

……自分の選挙区より京都市内の選挙区の候補者に詳しくなる時期でもあります_| ̄|○



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ