2005/12/12  22:41

「アイちゃんが好きだ」は関係ないけど今年の漢字は「愛」  News!?

日本漢字能力検定協会つうまぁ皆さんにとっては「漢字検定」でお馴染み?の協会が「今年の漢字は?」てことで公募で選ばれた漢字が、今年は「愛」に決まったとのこと。おソースは、日本漢字能力検定協会本部のある烏丸通に同じく本社を持つ京都新聞電子版から
京都新聞電子版:今年の漢字は「愛」 災害救済、紀宮さま結婚 清水寺で発表

そういやこれを揮毫した森貫主に店名を揮毫してもらった料理屋(てのか?(-_-;))で会社の忘年会するんだった(ちなみにその店のオーナーと社長は古くからの麻雀仲間だそうで)。
という全然関係ない話題はさておき、愛・地球博とか、ゴルフの宮里藍(漢字違うけど)や卓球の福原愛などの活躍、更に皇太子の長女に「愛」が付いた、更には東京メトロの運転手が運転中に「アイちゃんが好きだぁ」って叫んだなどその辺の絡みだったんだろうなぁ……(叫んだのは関係ないだろうけど(-_-;))。
ちなみに僕的に今年の漢字は「劇」だと思ってました。なんか実態の伴わないような「小泉劇場」やプロ野球ファンなら思ってる、かもしれない「コバマサ劇場」など色々あったからなぁ……と(-_-;)

 その年の世相をひと文字で表現する恒例の「今年の漢字」に「愛」が選ばれた。紀宮さまのご結婚、また米国やパキスタンの災害での被災者救援など、愛をはぐくむ大切さが共感を呼んだ。京都市東山区の清水寺で12日に発表され、森清範貫主が黒々と墨書した。

 日本漢字能力検定協会(下京区)が全国公募し、85,322通の応募があった。最も多かった「愛」は愛子さまに女性天皇の可能性が出てきたことや各界で「アイちゃん」が活躍したことへの期待感も込められたという。一方で児童殺害事件や耐震強度偽装問題など「愛の足りない事件」が多発したことも反映した。

 応募は分散し「愛」の比率は全体の4.7%にとどまった。2位以下に「改」「郵」「株」「笑」「震」と続いた。
 「愛」の文字を和紙に揮毫(きごう)した森貫主は「世の中がもっと人々の愛で染まるよう、気持ちを込めて書いた。人を思う心を育ててほしい」と話した。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ