2007/5/12  20:45

狗鷲がやっと100勝を達成キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!  NPB(Nippon Professional Baseball)

まぁ昨日の試合の話なんだけど1狗鷲軍が球団創設3年目でやっとこさ通算100勝を達成しましたよっと。

SANSPO.COM:4時間15分の激闘の末…楽天、創設3年目で100勝到達

まぁ通算200敗目は既に達成してたりはするんですがorz
>309試合での通算100勝到達は、広島の328試合に次いで2番目に遅い到達。
>パ・リーグ球団では54年創設の高橋(ユニオンズ。消滅)の303試合を抜くワーストとなった
だそうですが(-_-;)
まぁ再来年中には通算200勝達成できるように頑張って欲しいです(`・ω・´)シャキーン しかしもるが勝ち星の4割超に貢献てのもすごいな……

ところで5番目に遅い達成は猛牛でしたかやっぱりorz

で今日も冷や冷やドキドキの勝利ですか(-_-;) 京セラドーム大阪でやってるから行きたいんだけどまだ無職なため金が無いorz

節目の白星は、やはり難産だった。4時間15分の激闘の末につかんだ球団100勝目。記念のウイニングボールは、楽天で5勝39セーブと44の白星に貢献してきた守護神・福盛から、米田球団代表に手渡された。
「100勝といっても、ひとつもうれしくも何ともないけど、話題にしてくれればいい」
序盤の5点リードもオリックスに追いすがられ、6投手の継投でつかんだ勝利に、野村監督はしかめっ面。「弱いチームどうしでやるとこうなる。最下位争いにふさわしい」。どこまでも辛口だが、合併球団オリックスから挙げた節目の白星には、価値がある。
「若き日に汗を流さない者は、年老いてから涙を流す−」。71歳の野村監督は口を酸っぱくして、孫ほど離れた選手に説き続けている。スーパールーキーの田中に代表される若い力に向けられた言葉ではない。負けっぱなしの球団史を作ってきた男たちが屈辱からはい上がるのも、努力しかない。100のうち野村監督が積み上げた62の白星が、これからの礎だ。
「きょうの試合は、あしたにつながると思う。いつか負け数を越えることが来るように、がんばります」
4安打の固め打ちで、ヒーローインタビューに呼ばれた選手会長の高須には、老将の思いが通じている。100勝203敗6分け。これまでの1勝2敗ペースを、これから2勝1敗ペースに変えても、通算で勝ち越すにはなお3シーズン近くかかる。道は遠く険しいが、若い球団がこれから「汗を流す」集団になれるなら、いつか必ず栄光の涙を流す日がくるに違いない。

■データBox
楽天が今季15勝目を挙げ05年の球団創設以来、通算100勝(203敗6分け)となった。309試合での通算100勝到達は、広島の328試合に次いで2番目に遅い到達。パ・リーグ球団では54年創設の高橋の303試合を抜くワーストとなった(後略)。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ