2011/6/5

Zエンジンオーバーホール費用  エンジンオーバーホール

Z関係のエンジンオーバーホール費用を整理してみました。

クリックすると元のサイズで表示します


高額です

必要な事を最低限するとこれくらいが最低ラインです。

部品費用31万円

フローティングアイドラ、トップアイドラ(サンクチャリー製)
強化タイミングチェーン・・・(ダイハード加工品:6000円)
ワイセコΦ69ピストン・・・(62500円)
バルブガイド・・・(PMC追加加工:7000円)
WEB CAM ST−1(57000円)
ミッションベアリング、オイルシールキット(PMC経由)
カムシャフトブッシュ、純正アイドラー
純正ガスケット(カバー類)
テーパーまたはストレート加工SUSボルト
BITOオートテンショナ (20000円)

加工費用12万円

シートカット+すり合わせ+ガイド入替
最小面研ヘッド
ポート内スムージング加工
カムスプロケットスライド加工
シリンダーボーリング
シリンダーバレルボーリング
スリーブ圧入
最小面研シリンダー

エンジン分解・組立 12万円

ブラスト+ガンコート塗装 9万円

ミッションWPC+MOS加工、Sn加工 5万円

金額はすべて税抜きです。

までを加算すると69万円です。

かなりの高額ですが今回のケースはバルブが含まれていませんのでバルブを含めるとあと4万近くプラスになります。そうなると総額73万円です。

コレだけ掛けるのですのでオーナーとしても相当の踏ん切りがつかないと出来ないと思います。でもやった分の答えはセルを回してアクセルをあおるだけでわかると自分は信じて作業しています。

このエンジンはZ1のスリーブを流用してΦ69にする仕様なので通常のZ1、Z2のオーバーホールより割高になっています。ノーマルカムでもええという場合は部品代が少なくなったりしますがそれでも60万近い費用は必要ですね。




24
タグ: エンジン



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ