2011/6/24


塗装まで済んだヘッド。

クリックすると元のサイズで表示します


ここまでくればゴールは近い。

クリックすると元のサイズで表示します


使用するバルブはワンサイズオーバー。

クリックすると元のサイズで表示します


カム山の逃げ加工も実施。Web cam St−2対応。

クリックすると元のサイズで表示します


外観はそれほど凄そうな感じは伝わりませんが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


バルブシート周りは結構手が入ってます。

クリックすると元のサイズで表示します


右は普通にシートカットしただけの当たり位置ですけど、左はシートリング内径拡大+シートカットです。

クリックすると元のサイズで表示します


この差がどう体感できるのかが興味の有るところです

あとはオーナーさん、バルタイをキチンと取って組んでくださいね

ポン付けだと美味しいとこがどっか行ってしまいますから

クリックすると元のサイズで表示します


はじめの一歩これからシリンダーの中をボーリングしてスリーブ圧入。

面研、ボーリングへと進みます。道のりはまだまだ先です。

ヘッドの方もまずはカムホルダーの全数リコイル。

クリックすると元のサイズで表示します


今回はオーナー持込の2.5Dというネジ長のリコイルを入れましたが少しねじ山の奥がキツイので小細工を入れないと普通のリコイルタップで加工するには厳しいかもしれませんよ〜。

そしてガイドの入れ替えまで終了。

クリックすると元のサイズで表示します


次はシートカットです

クリックすると元のサイズで表示します


ケースのほうは定番のケースボーリング

ブラスト、塗装と進みます。

クリックすると元のサイズで表示します


そして発送

画像だとテンポが早いな

クリックすると元のサイズで表示します


シリンダーのバレル拡大、スリーブ追加加工でΦ72までボアアップです

合体は月曜日以降じゃな。

クリックすると元のサイズで表示します


加工も山場を越えたかな

カムがうまく回らないのでドキッとしたらフランジのネジ部分にバリが出ててひっかかってた

Z2用Φ72〜74ボア対応のスリーブが合体&ガンコート塗装まで完了です。

クリックすると元のサイズで表示します


シリンダーの上面も最小面研磨です。

クリックすると元のサイズで表示します


ヘッドの方もブラストから塗装へと進行中。

クリックすると元のサイズで表示します
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ