2012/7/12

Z1000MKU  バイク

クリックすると元のサイズで表示します


ワイセコのスリーブはドロップインという事ですが冷間では入らない寸法公差です。

シリンダーを暖めてから圧入。

そして常温になるまで押さえておきます。

クリックすると元のサイズで表示します


次の作業は面研、ボーリング作業です。

ワイセコのスリーブはツバの部分が厚く作ってあるので面研は必ず必要になります。

クリックすると元のサイズで表示します


そしてボーリング。
クリックすると元のサイズで表示します


ええ感じに仕上がりました。

ここ数日間Z系のシリンダーをガシガシと穴彫りしましたがひと段落かな?

クリックすると元のサイズで表示します
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ