2017/7/13


2STのオーバーホールはそれほどしませんが?

クリックすると元のサイズで表示します


別に嫌いではないかも。

クリックすると元のサイズで表示します


ピストンはシフトアップ製のオーバーサイズ。

クリックすると元のサイズで表示します


正直クランクの分解組立がエンジンのキモでなんか他は普通にやれば良い感じ。

クリックすると元のサイズで表示します


手に入らない部品はどうのこうのと言ってもしかたが無いので良いコンディションか確認するくらいです。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


新品で入手できるパーツは純正をできるだけ使います。

クリックすると元のサイズで表示します


クラッチディスクは純正新品がまだに供給されました。(後継エンジンに採用)

クリックすると元のサイズで表示します


これは大事な事ですが設計のデータベースでこの部品が使えますよ的な物が有ればそれを共通で使えば設計の手間も開発の手間も不要です。不具合が出ては困りますが充分使えるという実験を経て採用される訳ですから。そして旧車乗りにはありがたいし!

クリックすると元のサイズで表示します


クラッチスプリングはリプロパーツですが純正と較べて自由長とかちいと違うね。
7
タグ: エンジン



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ