2017/10/15

GSX816S 整備  バイク

クラッチ周りはいつもと同じ部品を使って周り止めをしておきます。

クリックすると元のサイズで表示します


クラッチスプリングはアフターマーケットパーツがすでに付いていたのでそのまま使います。

左がナナハン純正、右がアフター品。

クリックすると元のサイズで表示します


バネの硬さを比べる装置が欲しいのですがなかなか中古市場に出ないので・・・。簡易に確認。

クリックすると元のサイズで表示します


純正の方が硬いかも。

腰上を組んでいきます。

クリックすると元のサイズで表示します


基本だとtaniは思うのですがピストンが上死点できちんとシリンダーのトップに来ているかどうかの確認が重要です。

ここがコンマ何ミリか違うだけでも圧縮比が全然違います。

クリックすると元のサイズで表示します


今回は圧縮は上げる必要も無いのでヘッドガスケットは1100用。ナナハン用より安いです。

クリックすると元のサイズで表示します


ここの容積が増える分も予測済みなのでそのまま進みます。

また標準作業のバルタイ計測。

クリックすると元のサイズで表示します


ここをポンって付けれるのはカタナではありえないかも。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


ケガキの線はノーマルのカムスプロケの穴位置に付けた時の物。こでだけズレているとバルタイで言えば7〜8度くらい違います。

クリックすると元のサイズで表示します


1度や2度なら違いはでなくてもさすがに5度以上の違いは分かるかもしれません。

面倒でもやらないとエンジンを組む意味がありません。何十時間も掛けてブラスト、洗浄、塗装、機械加工、組み立てを経て最後の30分くらいで出来る事を面倒だとは思いません。

まあだから能率が悪いのかも(汗)

リアルタイムではありませんがGSX816Sのエンジン整備記録。

クリックすると元のサイズで表示します


今回のテーマはエンジンをリペイント、内部パーツの更新です。

クリックすると元のサイズで表示します


エンジンを過度に弄ってもオーナーが扱いにくいとなってもしょうがない。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


古いワイセコですが変な摩耗もなく良好なのでそのまま使います。

クリックすると元のサイズで表示します


フレームからエンジンを外してもらってブラスト作業。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


よくナナハンのエンジンはパーツの供給がとかネットで書かれてたりしますがクランク関係のメタルなどは他車種と共通化されまだ手に入ります。

クリックすると元のサイズで表示します


コンロッドメタルは穴の開いて無い物が新品です。

クリックすると元のサイズで表示します


コンロッドのキャップ側はそのまま使用して小端部側には油穴を開けてピストン裏への油の飛散用とします。純正と同じ状態です。この穴とクランクの油穴が一致した時だけオイルが飛び散ります。

クリックすると元のサイズで表示します


ミッションは特に悪くは無いのでベアリング交換のみ。ミッションもセンヒャクなどと同じ品番の部分もありますので部品は入手可能。

クリックすると元のサイズで表示します


忘れ物が無いかを記録するための画像。オーリングやテンショナのクッションとか付けてあるかの確認です。

クリックすると元のサイズで表示します


ナナハンにはスラストメタル(緑色)がありますのでこれを忘れると結構、音がでるかもね!

つづく


13



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ