2018/1/24

GSX750S H県  GSX1100S

シリンダーの観察。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


ところどころ長期不動による腐食あり。

クリックすると元のサイズで表示します


ヘッドも排気バルブの焼け方が一番右側の気筒がまあいい感じな以外はすべてくすぶった感じ。

クリックすると元のサイズで表示します


オイル下がりやカーボンなども溜まってしまってます。

クリックすると元のサイズで表示します


元気なヘッドにしないといけんね!

クリックすると元のサイズで表示します


バルブクリアランスの確認をしてたら・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


なんとなく違和感が(汗)

よく焼き付かなかったな〜。

バルブクリアランス、バルタイを確認してヘッドを取り外すとピストンと対面。

クリックすると元のサイズで表示します


ここまで分解した後にフレームからエンジンを外注先で取り外してもらいます。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


何気にオイルポンプの固定ボルトが2個しか見当たらないと思えば?

クリックすると元のサイズで表示します


オイルパンの底に頭だけ発見。

オイルギャラリーの蓋に有るはずのパッキンが無い。

クリックすると元のサイズで表示します


右斜め上の穴から油が供給されてアウトプットシャフト内に向かうはずなのだが、多少リークしてたはず。

クリックすると元のサイズで表示します


クランクケースは赤い液体ガスケットで組まれてますので一度はエンジンを開けたはず。

クリックすると元のサイズで表示します


左から2番目のクランクメタル前後のボルト穴と・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


右から2番目のクランクメタル前後のボルト穴付近に液体ガスケットを塗らないとボルト穴にオイルが降りてきてケース下側にあるボルト座面がオイルで湿ったようになります。塗り過ぎもオイルラインにガスケットが入るので必要最小限で塗らんとね。

クリックすると元のサイズで表示します


ミッション、クランクの確認をしてケースは溶接補修に旅立ちます。

クリックすると元のサイズで表示します
10



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ