2012/9/7

プラグ穴リコイル  バイク

クリックすると元のサイズで表示します


リコイルタップを使って加工していきます。

クリックすると元のサイズで表示します


インサートを組み付けて不要な部分を切り落とします。

クリックすると元のサイズで表示します


完成です。
3

2012/9/7

ビックバルブ  アメ車 V8エンジン

オーナーの持ち込みパーツを組み付けてシリンダー(ボーリング済み)に組んでいきます。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし・・。

入りませんけど、オーナー様

クリックすると元のサイズで表示します


角の部分にRを付ければいけそうなので修正して次に進もうと思いましたがピストンリングの合口をチェックします。

クリックすると元のサイズで表示します


想定内でしたが、合口が無いリングが多数発生しました。コレぐらいでめげてたら進めんけえね。

クリックすると元のサイズで表示します


かなり苦労しながらコンロッドをセットします。

クリックすると元のサイズで表示します


なんか変にガタの無い部分とありすぎな部分が混ざっていて苦労した。画像に写っている新品ストレーナはオイルパンと干渉したので外されて古いものに交換。

そして架台を作ってディスプレイ。

クリックすると元のサイズで表示します


しかしまだまだ難題が残ってますので終わった気にならん。

このバルブ周りを組み付ける=(8時間くらい苦闘する)

クリックすると元のサイズで表示します


本当はこの状態でバルブスプリングとかを組んでC字形のストッパーを組めばいいはずなのですが今回使用するビックバルブではうまくいきません。

クリックすると元のサイズで表示します


力ワザでバルブスプリングを押し込んでからC字形のストッパーを入れます。

クリックすると元のサイズで表示します


本当は床面に物を置いたまま画像を撮らないようにしてたのだが16個めの最後の力ワザの後なので余裕が無かったな〜。

長年使ってたバイク用のバルブスプリングコンプレッサをちょんぎってこのエンジン用に冶具を製作。
クリックすると元のサイズで表示します


無事に18個のバルブ関連パーツが組み込み終了。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


エンジンらしくなってきたね
続きを読む
6
タグ: V8 エンジン



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ