2016/1/29

メッキ加工  バイク

無電解ニッケル加工という処理があるので今回こちらに依頼しました。

三和メッキ工業

技術的な質問に対する回答も素早く丁寧です。

「見習わないと・・・。」って言うだけのtaniでした。
6

2016/1/24

カワサキZ1  ヘッド修理_moto

定番メニューともいえるZ1ヘッドの修理です。

クリックすると元のサイズで表示します


目新しさは無いかもしれませんがオーナーにすればオンリーワンです。

ヘタはできません。


続きを読む
3

2016/1/19

コスワースBDA  ヘッド オーバーホール

最終的に面研まで済ませたヘッド。

クリックすると元のサイズで表示します


今回のステムシールはこちら。

クリックすると元のサイズで表示します


頑張ってもらいます。
続きを読む
12

2016/1/17

カスタム?  バイク

クリックすると元のサイズで表示します


地味ですけどフロントフォークをカスタムしてました。

自分がこのフォークにしたいと思ったのはこのフォークを組んだ車輛を乗った時の剛性感が良かったからです。
続きを読む
7

2016/1/17

エンジンブローの原因を追究する  バイク

Y県のTという内燃機野郎に依頼したGSX816sシリンダが入庫しました。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


画像は敢えて何も掃除していない状態で撮影しました。


続きを読む
5

2016/1/15

カワサキ ガイド入替  バイク


インナーシムタイプでバルブクリアランスを取る場合にバルブを2か所だけ組んでやる方がカムホルダーのネジ山を痛めないのでは無いかと最近思います。

クリックすると元のサイズで表示します


上の画像は2、3番だけバルブを組んで測定してます。この位置関係だとカムはどのバルブも押さない位置で置けるのでカムホルダーも固定する位置までぺタっと置けます。カムもフリーに動く位置なのでカムホルダーの異常とかも分かりやすいです。あとはカムを回して測定するだけです。バルブスプリングを外さないと1、4番を測定はできませんが壊す事を考えれば悪くないやり方だとtaniは思います。

クリックすると元のサイズで表示します


吸気側のバルブシートはビッグバルブ用の形状で加工してます。この加工位置もセット長やシム厚など考えないと怖いかも。

クリックすると元のサイズで表示します


リフターとロアシートの干渉はどれだけリフトすれば当るかとか確認しながら作業完了です。
続きを読む
4

2016/1/13

チェンジロッド部分のベアリング化  バイク

ちょっと狙いの穴が小さいな・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


これもボーリング加工と言えるかも。
続きを読む
9

2016/1/5

N360_φ67化  エンジンオーバーホール

クリックすると元のサイズで表示します


HONDA N360にφ67のピストンを入れるという依頼ですがそのまま加工するとスリーブの肉厚が1ミリほどになってしまいます。

続きを読む
5
タグ: エンジン

2016/1/4

ケースボーリング  KAWASAKI

本日より営業開始です。

クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
2
タグ: Z1 Z2

2016/1/3

2016年  バイク

今年はマイペースで遊ぶ事にします。
続きを読む
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ