2020/2/29

エボ 腰下  HD EVO

令和になってもまだアナログ感が漂います。

クリックすると元のサイズで表示します




続きを読む
3

2020/2/23

Z400FX スリーブ交換  バイク

よくある作業なのですが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


すこし価格を見直さないといけないかなと。

クリックすると元のサイズで表示します


Z400FXのシリンダーに550用のスリーブが入るようにバレルをボーリングするのですが!

クリックすると元のサイズで表示します


58パイの穴を64パイまで拡大してツバ部分も拡大加工。下面の面だし、スリーブを入れ替えて上面研磨・・・。

なかなか通常のZ1などで行うバレルボーリングと同じ価格設定では厳しいです。
2

2020/2/2

GSX860S_カタナ  My Katana

クリックすると元のサイズで表示します


せっかくエンジンを分解するので色々とやりたい事を仕込みます。
続きを読む
20

2020/2/1

W1  バイク

W1用流用バルブ(Φ7バルブステム)でヘッドはリフレッシュ。

クリックすると元のサイズで表示します


国産某メーカーのバルブを流用。

クリックすると元のサイズで表示します


バルブガイドはカワサキ純正ステムシールが付く形状にしながら流用するバルブスプリングに対応する形状で製作。

クリックすると元のサイズで表示します


スプリングロアシートもスプリングとセットで交換。本来ならここでステムシールを組付けます。

クリックすると元のサイズで表示します


バルブスプリングとリテーナー。(画像ではインナースプリングを入れてません)

クリックすると元のサイズで表示します


リテーナーとコッタも当然セットとなります。

クリックすると元のサイズで表示します


インナースプリングも組んだ状態。

クリックすると元のサイズで表示します


ロッカーアームとの関係もこのような感じとなります。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


純正のバルブとはコッタ―の溝位置などが違うためリテーナーの位置が違いはしますがエンジンとして動くために必要な数値(セット長、バルブスプリング圧着長、ステムシールとリテーナのクリアランスなど)は必ず確認が必要です。

続きを読む
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ